ザイザルの画像
花粉症の女性とザイザルの画像

ザイザルはアレルギー性鼻炎(花粉症)に効く医薬品です。花粉症の薬は多く販売されていて、自分に合ったお薬を選ぶことができます。ザイザルは比較的、効き目が強いのでザイザルで克服しましょう!

スギ花粉の画像
花粉症の症状

ザイザルはどの種類の花粉症にも効くの?

ザイザルは レボセチリジンを有効成分にした飲み薬で、花粉を始めとしたアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚炎などの症状に対応しています。その作用面から抗ヒスタミン剤に分類されていて、効果は強いけれども副作用の少ないとされる第二世代のタイプです。アレルギーが発症するメカニズムには、ヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が関与していて、体内や皮膚などに花粉やダニの死骸、ホコリ、その他の様々なアレルゲンが付くことで免疫系細胞が過剰に反応して放出されるようになります。ヒスタミンが放出されると、全身に存在する神経受容体に結合することで刺激が起こり、その部位に合わせて様々なアレルギー症状が誘発されるようになります。鼻や顔の周囲に起こると鼻水やくしゃみが起こる鼻炎、気道に近い器官では喘息や呼吸器に関わるもの、皮膚ならかゆみや湿疹などの皮膚疾患となります。花粉症はスギやヒノキなどが有名ですが、春先に限らず年中で様々なものが中空に舞っていて、秋頃にはイネやヨモギ、ブタクサといったものが原因でアレルギー症状を発することもあります。こういった症状でもヒスタミンが関与していることから、化学伝達物質の働きを抑え、加えて受容体への結合を防ぐことのできるザイザルは、花粉の種類に関わらず幅広いアレルギー症状に対応しているのです。また、ザイザルの適応症にはアレルギー性結膜炎や気管支炎といった症状からは外れていますが、アレルギーによるものは基本的に同じ作用を持つので、服用したら症状が軽減されたということもあります。適応症として書かれていないため確実ではありませんが、アレルギーに関する症状であれば大抵の症状に効果を発揮するので、花粉などの種類を気にすることなく使用することができます。

ザイザルと他の花粉症薬の違い

花粉症薬には飲み薬の他、点眼薬、点鼻薬があり、系統としては第一世代または第二世代の抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、血管収縮剤、副腎皮質ホルモン剤があります。ザイザルは錠剤となる経口薬で、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。一般的にはこの種類が利用され、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、喘息を含む気管支炎の症状に利用されます。アレルギー性結膜炎などは、直接薬剤を使用することのできる点眼薬を用いることがほとんどで、広い範囲には使用できませんが一部の部位に対して効率的に働くので症状によって使い分けられます。また、ザイザルを含む経口薬で抗ヒスタミン薬というものは、いくつか種類が存在し、成分によって花粉やハウスダストに対する効果が違ってきます。例えば市販薬として販売されているアレグラFXは、副作用が少なく花粉症に良く効く薬ですが、症状を抑える効果としては若干弱い傾向にあります。抗ヒスタミン薬の欠点と呼べる眠気については、添付文書にも車や機械の操作は禁止されていないので、ほとんどないと考えて良いでしょう。対するザイザルは抗ヒスタミン薬の中では高い効果を有していて、全体をみるとトップクラスの抑制作用を持ち合わせています。その反面、副作用があらわれやすく、特に眠気が出やすい傾向にあるようです。添付文書でも服用後に車の運転や高所作業、機械の操作などはしないように注意されています。服用から効果が発現するまで1時間程度と即効性があり、頓服として使用することも可能で、持続する時間も長く1日1回の服用で済むようになっています。服用するタイミングは原則として就寝前とされ、24時間以上にわたって効果が続くので毎日服用していれば季節性の花粉症も抑えることが可能です。ただし、代謝するための肝臓に負担をかけるので、長期的に使用する際は定期的に検査を受ける必要があります。

ザイザルと眠気の関係性

アレルギー症状を抑えるために、抗ヒスタミン剤がよく選択されます。
一般的に、1日2回、1錠ずつの服用で効果が出るので、非常に使いやすい薬です。
しかし、抗ヒスタミン剤を服用するときに、必ずついてまわるのが副作用です。
主な副作用に以下のものがあります。

  • 眠気
  • だるさ
  • 頭痛
  • 口の渇き
  • 食欲不振
  • 吐き気

この中で一番多く聞かれるのが、眠気です。
アレルギーを引き起こす伝達物質であるヒスタミンの受容体への結合を阻害するのが抗ヒスタミン剤の働きです。
これだけ聞くと、ヒスタミンは悪者ではないかと思われるでしょう。
しかし、このヒスタミンの働きを阻害することによって、眠気が起こってしまうのです。
抗ヒスタミン剤の眠気は、まったく実感しない人もいれば、突発的に非常に強い眠気が襲ってきて、気づいたら軽く眠ってしまっていたという人もいます。
厳密にいうと、眠気が起こるというよりは、脳の思考力、判断力などが低下する、ということになります。
自覚していないだけで、実際は作業効率が落ちている人がほとんどです。
なので、抗ヒスタミン剤の説明には、自動車の運転や機械の操作など、危険がともなう作業を行わないように、注意書きがされています。
とはいえ、強いアレルギー症状に悩んでいる人にとって、抗ヒスタミン剤は必要不可欠なものです。
現在は、第二世代の抗ヒスタミン剤というものがあり、これは第一世代の抗ヒスタミン剤より、眠気などの副作用が出にくいと言われています。
第二世代のヒスタミン剤にザイザルがあります。
ザイザルは、比較的効果が強めに作られているので、全く眠気が出ないとは言い切れません
しかし、アレルギーを抑える力が強いので、強いアレルギー症状を抑えたい方に向いています。
医師とよく相談して、抗ヒスタミン剤を服用しましょう。

↑ 上に戻る